• 期待されるiphone8の仕様

    2017年に発売が予定されているiphoneはiphone7sではなくiphone8としてリリースされる予定で今話題になっています。なぜなら、2017年はiphoneが発売されてから10周年にあたる記念すべき年だからです。

    通常ならS付きモデルのiphone7sが発売される年なのですが、デザインも性能もアップしたiphone8として発売される可能性が高いです。



    気になるのがiphone8がどのような仕様になるかですが、ディスプレイが液晶からOLEDになるのではと予想されています。

    Girls Channel情報のご紹介です。

    これまでiphoneは液晶のLCDディスプレイだったのですが、それが有機ELのOLEDディスプレイが採用される予定です。



    OLEDの良いところは、自らが発光するのでバックライトを必要としないところです。

    ディスプレイを曲げることができる優れた特性もあるので期待がかかります。有機ELディスプレイが採用されると、本体の厚みが薄くなってバッテリーの持ちがよくなる効果が期待できます。

    iphone8は3モデルになるとも言われていて、4.7インチモデルと5.5インチモデルに加えて5インチモデルが登場すると予想されています。
    ただディスプレイについては、5インチと5.8インチに大型化されるのではないかという情報もあるので定かではありません。


    いずれにせよ、本体サイズは変わらずにディスプレイの大きさが大きくなる可能性が高いです。

    iphone7はホームボタンが廃止されてタッチセンサー式に変更されていますが、iphone8の場合、ホームボタンが撤廃されるようです。


    そうなると指紋認証が問題になりますが、おそらくTouchIDが画面に埋め込まれるのでしょう。